コラム|【八王子旭町デンタルクリニック】JR中央線「八王子」駅から徒歩3分の【歯科・歯医者】

診療時間
9:00~13:30
15:00~20:00

★:日曜午後は訪問歯科診療
休診日:木曜・祝日

〒192-0083
東京都八王子市旭町12-1 ファルマ802ビル6階

tel. 042-631-1180
  • 地図
  • メニュー

総入れ歯にしたおじいちゃんの認知症がよくなった!?

こんにちは。
 
JR八王子駅・京王八王子駅から徒歩3分の「八王子旭町デンタルクリニック」です。
 
 
このタイトルを見て、「総入れ歯にして認知症がよくなるなんて、本当?」と、思われたかもしれませんね。
 
都市伝説のように聞こえますが、実は、あり得る話なのです。もちろん、個人差はあります。
 
では、なぜ総入れ歯で認知症がよくなる可能性があるのでしょうか?
 
 

歯が抜けたままだと、どうなるの?

まず、総入れ歯を入れる前の「歯が抜けたままのおじいちゃん」は、どんなものを食べていたと思いますか?
 
歯がないと固いものは噛みにくいですから、おそらく「やわらかいもの」が主だったと考えられます。
 
あまり噛まずにいると、顎の筋力が低下するだけでなく、脳への刺激が減ってしまいます。
 
脳への刺激が減ると、脳の活性化が鈍くなり、認知症になるリスクが高くなるといわれていますから、おじいちゃんは認知症が進んでしまったといえますね。
 
 

20本以上の歯でしっかり噛むことが大切です

もう1つのポイントは、このお話のおじいちゃんが「総入れ歯」にしたこと。
 
認知症には、歯の本数も関係があるのです。
 
ある調査では、65歳以上の高齢者で、歯がほとんどないのに入れ歯を入れていない人は、20本以上歯がある人に比べて、認知症発症のリスクが1.9倍になったと報告されています。
 
ご自身の歯が20本以上残っているのが理想ですが、入れ歯で歯を補ってしっかり噛めたら、ご自身の歯と同じくらいの効果が期待できますよ。
 
ここまでの話をまとめると、【歯が抜けたままにしていたおじいちゃんは、総入れ歯にして噛む力を補ったから、脳が活性化されて認知症がよくなった】といえそうです。
 
 

認知症は他人事ではない!?

平成29年度の高齢者白書によると、2012年の認知症の患者数は約460万人、65歳以上の高齢者人口のおよそ15%だったと報告されています。
 
また、その割合は年とともに増加し、2025年にはおよそ20%、なんと5人に1人が認知症になるという推計もあります。
 
超高齢化社会に向かっている現代では、認知症は、 決して他人事ではありません。
 
これから先も20本以上の歯をキープして、心身ともに健康でいたいですね。
 
 
八王子旭町デンタルクリニックでは、患者さまのお口にぴったり合う入れ歯をお作りします。
 
お気軽にご相談ください。